[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は6日、TBSのバラエティー番組「ピラミッド・ダービー」で、6月に放送した映像に行きすぎた加工や編集があった問題について、「出演者に対する敬意や配慮を著しく欠いた編集を行ったことを放送倫理違反と判断する」との意見書をまとめ、発表した。

 審議対象となったのは6月19日の放送回。双子の入れ替わりを専門家やお笑い芸人ら4人が当てるコーナーで、収録時には最終問題まで出演していた顔相鑑定士の男性を、放送では本人に無断のまま、途中で「脱落」したことにし、姿を消した映像を流していた。

 意見書によると、出演者の一人が終始首位に立っているのは「独走観があって盛り上がらない」と制作会社のプロデューサーが提案し、接戦に見せるため時系列を入れ替えたという。その後、複数の担当者が関わる中で「脱落」の文字スーパーを採用したり男性の姿を消す編集をしたりした。

 検証委の川端和治委員長は「局がしっかり制作過程を管理できる態勢を作らないと、今後も同じ問題が起こるのでは」と指摘した。

 TBSは「委員会の指摘を重く受け止め、今後とも幅広い世代に楽しんでいただける番組制作に努めてまいります」とのコメントを発表した。