[PR]

 不法滞在をしていたタイ人女性の子で、日本で生まれ育ったタイ国籍の高校生(16)=甲府市=が、国に強制退去処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が6日、東京高裁であった。小林昭彦裁判長は「タイに帰国しても生活困難になるおそれは大きくなく、退去処分は適法だ」として、一審に続いて高校生の訴えを退けた。

 訴えていたのは、高校2年のウォン・ウティナン君。判決によると、ウティナン君は2013年夏に、母親とともに東京入国管理局に出頭。14年に強制退去処分を受けた。母親とともに提訴し、在留特別許可を出すべきだと訴えたが、今年6月の一審・東京地裁判決は訴えを退けた。母親は控訴せずに帰国し、ウティナン君だけが控訴していた。

 判決は、「本人に責任はないとしても、不法滞在期間が長い。自ら入管に出頭したことを考慮しても、在留特別許可を出さないことが法相の裁量権の逸脱とは言えない」と指摘。ウティナン君は中学に編入するまではタイ人のコミュニティーで暮らし、タイ語での意思疎通ができることなどから「退去強制で著しい不利益を受けるおそれがあるとは認めがたい」と判断した。

 判決後に記者会見したウティナン君は「判決は悔しいしとても悲しかった。僕は最後まで日本にいたいという覚悟です」と語った。