[PR]

 特別な養殖方法で無毒化したトラフグの肝臓を、検査した上で食用として提供することを認めてほしい――。佐賀県と地元水産業者によるフグ肝の食用解禁の提案について、内閣府食品安全委員会の専門調査会は7日、「安全性が確保されると確認できない」とする評価書案をまとめた。

 トラフグの肝臓は猛毒による食中毒の恐れがある一方で、「禁断の味」としても知られる。客を呼び込みたい業者と観光資源化を狙う県の思惑が一致し、両者は今年に入り、共同で厚生労働省に提案。同省は食安委に健康影響評価を諮問していた。

 提案では、「フグ毒は海中の細菌から生まれ、ヒトデや巻き貝を食べるフグに食物連鎖で蓄積される」という学術研究に基づき、業者が殺菌した海水を使って陸上の施設で無毒のえさを与えて養殖。さらに、1匹ずつ肝の特定部分を検査し、猛毒のテトロドトキシンが分析機器の検出下限値以下だった場合に業者の飲食店でのみ提供するとしていた。

 これに対し、食安委のかび毒・自然毒等専門調査会は、餌を食べることによる経口摂取以外にトラフグの肝に毒が蓄積される仕組みがあるのかないのか不明と指摘。また、肝の検査についても、提出された資料だけでは、提案の方法で肝臓全体の安全性を保証できると判断することはできない、としている。

 提案を認めるかどうか最終的な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら