高木長之助さん(たかき・ちょうのすけ=日本大学柔道部総監督、全日本柔道連盟理事)が6日、急性心筋梗塞(こうそく)で死去、68歳。通夜は10日午後6時、葬儀は11日午前10時から東京都練馬区小竹町1の61の1の江古田斎場で。喪主は長男秀長さん。

 73年世界選手権の重量級で金メダル。日大監督時代に、現全柔連強化委員長の金野潤さんやシドニー五輪81キロ級金メダリストの滝本誠さんらを指導した。全日本学生柔道連盟副会長。講道館9段。73年度に朝日体育賞(現朝日スポーツ賞)を受賞した。