[PR]

 岩下食品(栃木県栃木市)の人気商品「岩下の新生姜(ショウガ)」をアレンジした飲み物が登場した。「ピンクジンジャーサワー」。鮮やかなピンク色のサワーにショウガの酢漬け1本が丸ごと入ったユニークな姿で、「栃木のご当地ドリンクとして県外にも広めたい」という。

 新ドリンクは、岩下の新生姜の漬け液を使った「ピンクジンジャーサワーの素」に焼酎やウォッカを注いで炭酸水やお湯で割り、中に串刺しの新生姜を入れる飲み方を提案している。ほのかな甘みとショウガの香りのハーモニーはノンアルコールでも楽しむことができ、先月販売を始めた「岩下の新生姜ミュージアム」(栃木市本町)でも高い人気を保っている。

 サワーの素は商品企画を手がける「アールイープロダクト」(宇都宮市)が考案し、岩下食品、酒卸売業「横倉本店」(同)などがコラボして商品化した。すでに県内80以上の飲食店で提供が始まっており、各社代表らは「今後は首都圏などへも発信し、人気の定着を目指す」としている。(杉山圭子)

こんなニュースも