[PR]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)が外部ライターらによる「キュレーションサイト」で不正確な記事を掲載し、サイトの公開を中止した問題で、同社のような企業とライターを仲介する「クラウドソーシング」の大手が、記事の無断転用防止策を発表した。無断転用は十分な対策がとられず、不正確な記事の温床とされていた。

 業界大手のクラウドワークスが8日、ランサーズが5日、企業がライターに依頼する時に守るべき指針を公表した。第三者の記事や写真を無断で転用したり、一部を書き換えて独自記事に見せかけたりする仕事の依頼を禁じる。違反すると会員登録を解除することもある。

 クラウドワークスはこれまでの指針では「著作権侵害などの恐れがある仕事の依頼を禁止する」としており、新しい指針では具体的な禁止行為を示した。ランサーズは利用規約だけではなく、新たに指針をつくって著作権侵害を禁じることを明示した。DeNAは2社のような業者を通じてライターに記事を発注。内容の誤りなどを指摘され、キュレーションサイトの公開中止に追い込まれた。(藤崎麻里)