[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の弾劾(だんがい)訴追案が9日午後の国会本会議で採決される。厳しい世論を受けて与党セヌリ党の一部も賛成に回り、可決される公算が大きい。可決の場合、大統領は職務停止となる。野党3党は否決の場合は所属議員全員が辞職する構えを見せており、韓国メディアは「運命の日」と伝えている。

 与党は自主投票の方針。与党で朴氏と距離を置く「非朴派」は9日朝に会合を開いた。終了後、報道官役を務める議員は「私たちは可決されると確信している」と述べた。

 弾劾訴追の可決には、国会議員300人のうち200人以上の賛成が必要だ。野党と無所属議員で計172人で、与党から28人以上の賛成が必要になる。9日の非朴派の会合には30人あまりが出席しており、全員が賛成票を投じれば可決する計算だ。

 採決は通常、議席にある画面に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも