[PR]

 真岡市は、蒸気機関車(SL)を見学できる「SLキューロク館」で展示中のD51形SLを来年にも動かす予定で準備を進めている。整備のための費用を含む補正予算案を開会中の12月議会に提出。「SLの走るまち もおか」のさらなるイメージアップがねらいだ。

 真岡鉄道真岡駅に隣接するキューロク館にあるD51―146号は1938年に製造され、北海道で活躍していた。D51形は「デゴイチ」の愛称で多くのファンに愛されてきたSLだ。

 146号は75年に引退、翌年から静岡市内の公園に設置されていた。2013年に老朽化により解体の危機に直面。解体を惜しむ声を受けて15年に真岡市に無償で譲渡され、同年11月から静態展示されている。

 同館では現在、もう1両のSL…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら