[PR]

 小学校で13年間、教員を務めた豊橋市下地町の福士真由美さん(38)が、移動販売車を使って絵本の読み聞かせをする「カフェ」を始めた。食品添加物やアレルギーを心配せずに食べられる、おやつと飲み物を提供し、子どもたちに笑顔を届けている。

 福士さんは地元の高校を卒業後、神奈川大へ進み、教員免許を取得した。京都府の教員採用試験に合格し、南丹市内の小学校で3年間勤務。その後、愛知県の教員採用試験に受かり、安城、豊川両市内の小学校で計10年間勤めた。

 「子どもたちと接する中で食の安全や健康の大切さを実感した。先生の仕事は多忙で体力的、精神的にも限界だったが、学校以外でも絵本の奥深さや楽しさを伝えられる仕事がやれたらと思った」と福士さん。

 昨年3月、教師を辞め、子ども…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら