[PR]

 福岡市博多区の原三信(はらさんしん)病院にタクシーが突っ込み、10人が死傷した事故で、運転手が「(運転席の)マットの上に、市販のマットを敷いていた」と供述していることが分かった。福岡県警は上のマットがずれてペダル操作に影響を与えた可能性もあるとみて慎重に調べている。

 捜査関係者によると、運転席の足元にはもともと装着されているマットの上に、別のマットが敷かれていたという。運転していた個人タクシー運転手の松岡龍生(たつお)容疑者(64)=自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で送検=は「上のマットは買った」と説明。固定されていない状態で、事故前にずれた可能性があるという。

 運転手は逮捕時、「ブレーキを踏んだが止まらなかった」と供述している。同型車にはアクセルとブレーキを同時に踏んだ場合、ブレーキが優先されるシステムが導入されているという。県警は直前の操作を記録したイベントデータレコーダー(EDR)を解析し、操作ミスや車両の不具合の有無を調べる。

 県警によると、松岡容疑者は事故前、病院の約350メートル手前の公園付近で停車。この時に異常はなかったという。病院に向かう道路を発進した直後から「ブレーキが利かなくなった」と話している。2カ所ある一時停止の交差点も通過し、病院の東館1階に突っ込んだ。