[PR]

 地域政党・減税日本代表の河村たかし名古屋市長は10日、都内であった小池百合子東京都知事の政治塾で講演し、小池氏に新党結成を呼びかけた。小池氏は開催後、河村氏らとの連携について「意味がある」と記者団に語り、前向きな考えを示した。一方で新党結成には言及しなかった。

 河村氏の説明によると、講演では「小池さんには、早く新党、納税者のための政党を作ってほしい。私も参加する」と語ったという。持論とする東京、大阪、名古屋の首長による新たな政治勢力結成については、「可能性はあると思う。できれば新党。その前に、なんだかんだ形ができると日本のためになる」と記者団に述べ、実現への意欲を強調した。

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)も9日、小池氏が仮に地域政党を設立した場合は、来夏の都議選などで連携を検討する考えを示している。

 小池氏は政治塾の後、記者団に「それぞれ置かれている立場は違うが、3大都市は共通課題もある。連携を深めていくのは意味がある」と述べ、連携に肯定的な考えを示した。ただ、「どういう形で、というのはこれから」と具体的な方策は語らなかった。(安仁周)

こんなニュースも