[PR]

 ローリング・ストーンズ、デビッド・ボウイ、キッス、ピンク・フロイド……。このところ、世界的なロックミュージシャンに光を当てた展示会が相次いでいる。華美なステージ衣装だけではない。自筆の歌詞や楽譜なども陳列され、楽曲制作の過程をたどろうと試みる内容も目立つ。圧倒的な人気を背景に、世界各地で開催されているのも特徴だ。

 ロンドンのぼろアパートから、世界のスタジアムを股にかけたツアーまで。米ニューヨークで開催中(来年3月12日まで)の展示「エキシビショニズム」は、半世紀以上にわたるローリング・ストーンズのキャリアを時代とテーマに分けて描く。「露出症」「自己顕示」といった意味のタイトルは「エキシビション(展示会)」にひっかけながらも、ロックの危なさを体現してきたバンドの性格をも物語る。

初期の住居再現

 結成当時、メンバーたちが共同…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら