[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は12日、テーマパーク内に任天堂のエリアをつくると正式に発表した。人気キャラクター「マリオ」などが登場する「SUPER NINTENDO WORLD」として、2020年の東京五輪開催前にオープンさせる。

 投資額は500億円超で、14年に開業した映画「ハリー・ポッター」のエリアにかけた約450億円を上回る。

 広さやつくる場所は明らかにしていないが、いまある駐車場や資材置き場の敷地を使うことで、遊べるエリアを広げる。ゲームのキャラクターや世界観を再現した乗り物のアトラクションが楽しめる。最新鋭の技術を使い「他に類を見ない」ものにするという。

 USJは今年4月時点で、54ヘクタールの敷地に50のアトラクションがある。東京ディズニーシーが49ヘクタールで34なのに比べると手狭になりつつある。そこで任天堂のエリアは、店やレストランをアトラクションの上に置くような2層構造にして、「巨大複合エリア」にする計画だ。

 マリオなどのキャラクターは、…

この記事は有料会員記事です。残り403文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。