[PR]

 来年4月、名古屋市港区に開業予定のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」のトーベン・イェンセン社長が12日、朝日新聞のインタビューに応じ、「開業後は敷地を4ヘクタール拡張し、リゾートにする」との方針を語った。開業まで100日余となり、施設建設は9割まで進んでいるという。

 開業当初は、9・3ヘクタールの敷地にローラーコースターなど40以上のアトラクションを設置する。イェンセン社長は「遊びに来て、泊まってもらうことがポイント。リゾートにする長期計画はできている」と語り、開業後に付近にホテルを設けるほか、敷地を広げてアトラクションを増設し、滞在型観光施設として整備する考えを示した。

 拡張するのは、港区の金城ふ頭内で隣接する名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)第1展示館の跡地4ヘクタールを予定している。イェンセン社長は「海外のパークで人気のアトラクションを造ることや、親会社(英マーリン・エンターテイメンツ社)が展開する施設を持ってくることなどを検討している。来客に飽きられない仕組みを考えたい」と述べた。

 イェンセン社長は、名古屋が国内主要8都市で「行きたくない街ナンバーワン」と話題となっていることについて、「こんなに取り上げられていることは逆にチャンス。レゴランドが名古屋に来てもらう理由にならないといけない」と意気込みを語った。

 レゴの屋外型施設はデンマーク…

この記事は有料会員記事です。残り1012文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1012文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1012文字有料会員になると続きをお読みいただけます。