[PR]

 阪神・淡路大震災からまもなく22年。被災した園児たちが作った1冊の絵本が、神戸市のこども園で今も読み継がれている。

 中央区の「幼保連携型みのり認定こども園」。0~5歳児クラスに約130人が通う。

 前身の「みのり保育園」は1995年の震災で全壊。近くの園の一部を借りて保育を続け、4月から敷地のプレハブで再開した。震災前は60人の園児がいたが、自宅が全壊するなどして避難した子も多かった。

 復旧のさなか、多くの人から支援や励ましを受け、園児からも「よそでこんなことがあれば絶対助けに行く」という言葉が聞かれるように。震災1年を機に、体験を形に残そうと絵本づくりに取り組んだ。

 96年2月、5歳児クラス「し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら