[PR]

 県立大の松江キャンパス(松江市浜乃木)で学生が続けてきた読み聞かせ「おはなしレストラン」が10周年を迎えた。授業の一環で、「おはなしシェフ」と称して子どもたちに絵本の世界を味わってもらう。絵本を中心に集めた図書館も学内に開館し、地域とつながる看板のような存在だ。

 おはなしレストランライブラリーで11日、日曜恒例の「おはなしのじかん」(参加無料)があった。5年前に開館したこの図書館は誰でも利用できる。

 今週の担当は、同大短期大学部総合文化学科2年の小林由依さん(20)と坂浦真帆さん(20)の2人。所属するゼミの卒業研究の一部にもなっていて、未就学児を中心に子ども約20人と保護者が集まった。

 初めに手遊びを一緒にすると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら