[PR]

 2020年東京五輪での実施が決まった空手で、女子組手の植草歩(あゆみ、高栄警備保障)が夢に向けて新たなスタートを切った。10、11日に東京で行われた体重無差別の全日本選手権で2連覇を果たした。

 10月、オーストリアでの世界選手権68キロ以上級で初優勝。「世界王者」の肩書を背負った初舞台だったが、敵は自分の中にいた。

 普段通りにしてきたはずが、持ち味の思い切りの良さが出ない。5試合中、4試合が1点しか奪えない辛勝。それでも決勝は一瞬の集中力が光った。左構えの山田沙羅(大正大)の動きを見切り、ひざを大きく曲げて沈み込むような鮮やかな中段突き。勝負を決めるポイントを奪った。

 表彰式後、今年から組手の優勝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら