[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ・ファイナル(仏・マルセイユ)で2大会連続で銅メダルの宇野昌磨(中京大)は13日、中部空港着の航空機で帰国した。2大会連続の表彰台にも、「3位で終わって満足していない自分がいた。負けたくないんだなと思った」と悔しさをにじませた。

 長時間の移動で眠そうな表情だったが、4連覇を達成した羽生結弦(ANA)について問われると、引き締まった顔つきに変わった。「僕は追いかける立場。まだまだ全然追いついていないというのを痛感した。ゆづ君と同じ立場で戦える選手になりたい」と更なる飛躍を誓った。

 22日開幕の全日本選手権(大阪)に向けては「今季はまだ完璧な演技ができていない。ショートプログラムかフリーのどちらかでノーミスの演技をしたい。(羽生にも)すべてで勝ちたい」と意気込んだ。

こんなニュースも