[PR]

 1997年の神戸連続児童殺傷事件で、当時中学3年だった加害男性を医療少年院送致とした家裁決定文を月刊誌に提供したなどとして、大阪弁護士会は13日、元神戸家裁判事の井垣康弘弁護士(76)を3カ月の業務停止処分とし、発表した。「元裁判官としての守秘義務、法曹としての倫理に反した」としている。

 大阪弁護士会によると、井垣氏は判事退官後、決定文を月刊誌「文芸春秋」側に提供。これをもとにした記事が2015年5月号に掲載された。加害男性の住所や被害者名などは削除されたが、非公表だった犯行前後の行動や心情、成育歴などが記載されていた。

 一方、加害男性は同年6月に犯行に至った経緯や事件後の生活などをつづった手記「絶歌」を出版。これを受け、井垣氏は「文芸春秋」8月号に少年審判における供述などに触れた記事を執筆し、神戸家裁が抗議していた。

 井垣氏は処分について「世間の間違った認識を改めるため決定文の公表は避けられないと思っていた。処分は全く納得できない」などとするコメントを出した。