【動画】中国公船の監視続く フィリピン沖スカボロー礁ルポ=矢木隆晴撮影
[PR]

 真っ暗な海の先に、明かりが四つ見える。「中国船が4隻いるぞ」。漁師たちが声を上げた。フィリピン北部の漁村インファンタから西に約200キロ。漁船に同乗した私たちは出港から19時間後、未明にスカボロー礁の目前まで来ていた。

 ここは、南シナ海で七つの岩礁を埋め立て、軍事拠点化を進める中国の「次なる標的」とみられている。

 日が昇ると、ごつごつした岩が海面に突き出ているのが見えた。スカボロー礁は「紛争の最前線」と言うにはあまりに頼りない、岩とサンゴのかたまりだった。後方に白と青の中国船計4隻が確認できる。白い2隻には「中国海警」の文字。青い2隻も「監視の船だ」と漁師たちは言う。全長10メートルほどのこちらの漁船の数倍はある。

 一口かじったドーナツのような…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら