[PR]

 三重県は14日、同県明和町で死んでいた野生のオオタカ1羽に鳥インフルエンザ感染の疑いがあると発表した。今後、鳥取大で高病原性ウイルスの確定検査をする。結果判明まで1週間ほどかかるという。現時点で、周辺の養鶏場などで異常は見つかっていない。

 県畜産課によると、14日午前9時半ごろ、県民の通報を受けて町内でオオタカ1羽の死骸を回収。県南勢家畜保健衛生所で簡易検査したところ、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出た。環境省は発生地から半径10キロ以内(明和町、玉城町、伊勢市、津市、松阪市の各市町の一部)を野鳥監視重点区域に指定し、県が野鳥の監視を強化する。

 感染が確認されれば三重県内では、2011年2月に紀宝町と南伊勢町で発生し、約30万羽が殺処分されて以来となる。