[PR]

 メキシコのカンクンで開かれていた、地球環境に関する国際条約「生物多様性条約」の締約国会議(COP13)が18日、日本を含めた名古屋議定書を締結していない国に早期の締結を求めることなどを決議して閉幕した。

 名古屋議定書は、生物多様性がもたらす遺伝資源の恩恵の配分について取り決めた国際ルール。2010年、名古屋市で開かれたCOP10で採択され、14年に発効した。18日現在、93の国や地域が締結している。

 日本は早期締結と、15年までに議定書で定められた、実施に必要な法整備などの国内措置をとることを生物多様性国家戦略に盛り込んだが、今も未締結だ。

 決議では、名古屋議定書を締結…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら