[PR]

 「宮さん(宮崎駿監督)がどうして東映動画(現・東映アニメーション)に入ったかというとね、マンガ家になりたくてマンガを描いていた時、なんというか、この世をはかなむような暗い話ばかり描いてたらしいの、ネクラだから。作品をいろんなところに応募しても採用してくれない、そんな苦しい時にたまたま見たのが東映の『白蛇伝』で、ヒロインの白娘(パイニャン)に一目ぼれした。これだけですよ」

 青春の鬱屈(うっくつ)を抱えていた時期に一途で純粋な白娘に心打たれたというのは、美少女を生涯のテーマとする巨匠の有名なエピソードです。語るはご存じスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーですが、弟子である石井朋彦プロデューサーに向けたお話は、こう続きます。

 鈴木「宮さんいつもそうなんだもん。ジブリがなんで小金井にあるか知ってる?」

 石井「土地が安かったからじゃ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら