[PR]

 JR東日本は15日、東京都台東区の御徒町駅北口改札付近で14日午後5時55分ごろ、地上から7メートルの高さにある架道橋からL字型の鋼材(重さ約2キロ、長さ75センチ、幅5センチ×5センチ)が落下したと発表した。落ちた場所は通行人の多い横断歩道のすぐ脇の車道で、けが人はいなかった。

 JR東によると、架道橋の上は京浜東北線などの線路が通っており、橋とホームの隙間を埋めるための鋼材が腐食してはがれ落ちたと見られるという。架道橋については2年に1回、線路や道路上から腐食の有無などを目視で点検しているが、4月25日の点検の際には異常は見つからなかった。同社が類似箇所の緊急点検を実施している。