[PR]

 家庭用フィットネスマシン「ワンダーコア」にネックレスがひっかかり、男性(当時46)が窒息死したのは製品の欠陥が原因だとして、愛知県内の遺族が輸入販売会社「オークローンマーケティング」(名古屋市)を相手取り、7075万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、名古屋地裁であった。会社側は請求棄却を求めた。

 原告は男性の姉(50)。訴状によると、男性は昨年5月9日朝、名古屋市内の自宅で、ワンダーコアのヘッドレストや背もたれ部品にネックレスが巻きついて倒れているのが見つかった。腹筋運動をしていたとみられ、病院搬送後、窒息死が確認されたという。

 原告は「ネックレスで首を締めつける状態が生じたのは商品の欠陥。使用方法について警告もなく不備がある」と主張し、製造物責任法に基づく賠償義務が会社にあると訴えた。

 会社側は答弁書で、事故当時、男性が酒に酔った状態だったことが捜査で明らかになっているとして、「説明書にも飲酒後の使用禁止を明記している。男性の場合は誤使用にあたる」と反論した。