[PR]

 15日、ロシアのプーチン大統領の山口県への到着は、予定より3時間近く遅れた。理由が公表されなかったこともあり、日本側に圧力をかけるための政治的な駆け引きともみられた。一方で、プーチン大統領は遅刻の常習犯。これまでも各国首脳との会談にたびたび遅れている。

 首相時代の2009年にはフィンランドのハロネン大統領(当時)との会談に2時間、ウクライナのチモシェンコ首相(同)との会談に3時間遅れた。13年にはローマ・カトリック教会のフランシスコ法王との会談に50分遅刻し、ロシア紙からひんしゅくを買ったほど。14年10月には、イタリア・ミラノでのメルケル独首相との会談に4時間も遅れている。

 今回の訪日に先立って、ロシア・サンクトペテルブルクで今月2日に開かれた岸田文雄外相との会談でも2時間弱遅れたばかり。枚挙にいとまがないプーチン氏の遅刻に、ロシアメディアは淡々と今回の到着の遅れを伝えた。

 ペスコフ大統領報道官は山口到…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら