写真・図版

[PR]

 家の中でペットを飼う人が増えています。ただ、動物は人にもうつる感染症を持っています。中には動物の体に異常はなくても、人にうつると健康を損なう病気もあります。ペットと仲良く暮らすには、適度な距離を保つことが必要です。

 人と動物に共通の感染症は、「人畜共通感染症」や「ズーノーシス」などとも呼ばれる。人がうつらないためには、「節度ある接し方」をするよう言われるが、果たしてどんな接し方だろうか。

 動物の感染症に詳しいみずほ台動物病院(埼玉県富士見市)の兼島孝院長は、「ペットは恋人ではなく、友だちとして付き合って」と助言する。例えば、キスしたり、自分のはしで食べ物を与えたりすると、病気がうつる恐れがある。

 人に最も多くうつる感染症が、「パスツレラ症」だ。この菌は犬の約7割、猫のほぼ100%が口の中に保有している。動物に症状は出ないが、人がかまれたり、引っかかれたりして感染すると、傷が腫れて痛む。顔をなめられて呼吸器から感染すると、蓄膿(ちくのう)症などが起こる。

 「猫ひっかき病」は、主に猫にかまれたり、ひっかかれたりしてうつる。注意したいのは、傷を負ってから数週間たっって傷が治ったころに、近くのリンパ節が腫れることだ。予防にはひっかかれないよう注意して、猫の爪を切っておく必要がある。

 ミドリガメなどのカメからうつるのが、食中毒菌として知られるサルモネラ菌だ。腹痛や下痢、嘔吐(おうと)が起こる。

 オウム病は、感染している鳥と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら