[PR]

 任天堂は16日朝、初めて開発した本格的なスマートフォン向けゲーム「スーパーマリオラン」の国内配信を始めた。米アップルのiPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド)向けで、世界151の国と地域に順次、配信する。アンドロイドOSの端末向けの配信も予定されているが、時期は未定だ。

 敵をジャンプして踏みつけたり、穴を飛び越えたりしながらゴールをめざす内容。画面を軽くたたいて、自動的に走るマリオやルイージなどのキャラクターをジャンプさせて操作する。

 ダウンロードは無料で、全24ステージのうち3ステージが無料だ。1200円で全ステージが遊べる。ほかに、コインの数などを競う対戦モードなどもある。昨年3月に提携したネット大手ディー・エヌ・エーの協力で開発した。(西村宏治