[PR]

 NHK大河ドラマ「真田丸」で真田信之役を演じる大泉洋さんが16日、長野県上田市の上田映劇で開催されたトークショーに登場し、ドラマの舞台裏などについて語った。大泉さんは「(せっかく)泣いたシーンがカットされた」など絶妙な語り口で満杯の会場を沸かせた。

 トークショーは、ドラマ出演者らによる「真田丸トーク!トーク!トーク!~毎日ライブin信州上田」の追加公演で開催。矢沢三十郎頼幸役の迫田孝也さんが司会を務め、「信之に訊(き)け!」の題で大泉さんにエピソードなどを迫った。

 大泉さんは、ドラマで西村雅彦さん(室賀正武役)から言われた「黙れ、小童!」について「近くで受けると(迫力が)すごいですよ」。また、こう役の長野里美さんと「(悲しい場面で)2人で泣いているところが、カットされた」など、舞台裏を語った。このほか「(尻の)皮がむけたくらい乗馬の練習に励んだのに、馬に乗るシーンは少ししかなかった」などと聴衆の笑いを誘いながらドラマの舞台裏を語った。