[PR]

 水流で動く人工クラゲの不思議な世界を表現した企画展「オドル・ユレル・イルミネーション」が17日から、豊橋市松葉町のこども未来館「ここにこ」で始まる。来年1月10日まで。

 人工クラゲは、奈良市の奥田エイメイさん(52)が製作した水中オブジェ。人工筋肉の研究をしていた奥田さんが、コンニャクのように軟らかい、特殊な樹脂に水を含ませて成型したもの。わずかな水流の変化に敏感に反応し、まるで生き物のような動きをする。

 会場では、13個の水槽に約200体の人工クラゲが浮遊する。ブラックライトに照らされ、青や赤、黄色などの光を放ち、幻想的な雰囲気を演出する。奥田さんは「鮮やかな色のグラデーションを楽しんでほしい」と話す。

 入場無料。28日~来年1月1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら