[PR]

 北海道清水町の養鶏場の採卵鶏から高病原性鳥インフルエンザが確認され、道は17日、感染拡大を防ぐため、飼育されていた約21万羽の殺処分を始めた。

 道は16日夜、この養鶏場の鶏から「H5亜型」のウイルスを検出し、17日朝から道職員と自衛隊員ら約700人態勢で殺処分を開始した。処分した鶏は養鶏場の敷地内に埋却し、道が養鶏場内の防疫措置を進める。

 同町の養鶏場から半径3キロ以内にある農場1戸の鶏約1万2千羽は移動させることができなくなり、半径10キロ以内にある農場6戸の計約18万羽も10キロ圏外への搬出が禁じられた。