[PR]

 野鳥が鳥インフルエンザに相次いで感染した水戸市で、大塚池公園(水戸市大塚町)近くの田んぼにハクチョウの群れが押し寄せている。この公園で市民の餌やりが禁じられ、餌を探しに公園から出た可能性があるという。市は、ウイルスが拡散する恐れもあるとして対策を検討している。

 17日午前、大塚池から500メートルほど離れた田んぼで、約40羽のハクチョウが群がっていた。近くの農道には糞(ふん)が散乱していた。

 付近で野鳥をよく撮影している佐藤征男さん(77)は「ずっと地元で暮らしてきたが、田んぼで群れを見たのは初めて」と驚く。佐藤さんは、15日から3日連続で田んぼでハクチョウを確認。「インフルエンザに感染した鳥が来なければ良いが……」と話した。

 市公園緑地課も16日午後、田…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く