[PR]

 17日午後2時40分ごろ、熊本市南区城南町の九州自動車道上り線で、路肩を走っていた軽ワゴン車が、走行車線の乗用車や軽トラックなどにぶつかり、その影響で計5台が絡んだ事故になった。軽ワゴン車を運転していた滋賀県近江八幡市の男性(79)が右足骨折の重傷、同乗の妻(69)が意識不明の重体。ほかに1人が軽傷。

 高速隊によると事故当時、現場は渋滞しており、軽ワゴン車が路肩を走りながら3台に相次いで衝突。うち1台がはずみで追い越し車線に飛び出し、別の車に衝突したという。(沢田紫門)