[PR]

 18日午後3時半ごろ、名古屋市昭和区山里町のマンションの一室で、住人の70代夫婦と40代の娘の計3人が死亡しているのを、昭和署員が見つけた。

 署によると、同日午後2時45分ごろ、「入院していた患者から『自ら死を選ぶ。昭和署に連絡してほしい』と書かれた手紙が届いた」との通報が愛知県内の病院からあった。そのため、患者の自宅であるマンションの一室に向かったところ、浴室で3人の遺体を発見した。浴室内には練炭を燃やした跡があり、3人は寄り添うように倒れていたという。目立った外傷はなく、署は3人が心中したとみて調べている。