[PR]

 21日の冬至を前に、洲本市五色町都志のウェルネスパーク五色の温泉施設「ゆ~ゆ~ファイブ」で「ゆず湯」のサービスが始まった。訪れた人たちはユズの実を浮かべた香り立つ風呂に早速つかっていた。25日までゆず湯に入れるという。

 ゆず湯で温まって寒さを乗り切ってもらおうと、毎年実施している冬の風物詩。男女それぞれの湯船に黄色い実を浮かべてあり、香りも楽しめる。施設の担当者は「ゆず湯につかって、お正月も元気に過ごしてもらえたら」と話す。

 同施設は21日でオープン20周年を迎えるのを記念して、パーク内で使えるクーポン券などが当たる利用客対象の抽選会も21日まで催している。

 営業時間は午前10時半~午後9時半(入浴受け付けは午後9時まで)。入浴料は中学生以上600円、65歳以上500円、3歳から小学生まで300円。問い合わせは「ゆ~ゆ~ファイブ」(0799・33・1601)。

関連ニュース