[PR]

 遺産相続の際、相続人の受け取り分を決める「遺産分割」の対象に預貯金が含まれるかが争われた裁判で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は19日、「預貯金は対象外」としてきた判例を変更し、対象にするとの初判断を示した。

 15人の裁判官全員一致の決定。2004年の最高裁判例は、預貯金は民法が定める法定相続分に応じて自動的に分けられるとされ、相続人全員の合意がなければ遺産分割の対象にはならないとしていた。今回の大法廷決定は、すでに済んだ遺産分割には適用されないが、今後の遺産分割には適用される。

 遺産の約4千万円の預貯金が、法定相続分に従って2人の遺族に約2千万円ずつ分けられるかをめぐって争われた。遺族の1人は5千万円以上の生前贈与を受けており、もう1人の遺族が預貯金も分割の対象になれば、約4千万円の全額を受け取れるはずだ、と訴えた。

 大法廷は、公平な遺産分割のた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら