[PR]

 薬師丸ひろ子が歌手デビュー35年を記念してアルバム「シネマソングス」(ビクターエンタテインメント)を出した。もう35年?という気もするが、俳優としてのキャリアは来年で40年目に入る。アルバムでは自身の心に残っている古今の映画音楽をカバーし、デビュー曲の「セーラー服と機関銃」も新たに歌い直した。

 薬師丸は1978年、中学2年生の時に角川映画「野性の証明」に出演。81年には主演映画「セーラー服と機関銃」で主題歌も歌い、歌手デビューした。今作は11枚目のアルバムだ。

 歌手としての薬師丸の魅力は、何といってもその声だろう。透明な声質、中音域からファルセットで歌えて、高音まで無理なく伸びる音域の広さ。だが正式に声楽の訓練を受けたわけではない。

 「上手になることも大事ですけれど、訓練と自分らしさの境目がとても難しい。これから年をとってうまくなって雰囲気で歌えるようになっても、それは自分じゃないような気がするし……。特殊な、変わった声を持っていてほんとに幸せだと思います」

 歌うきっかけは「セーラー服と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら