[PR]

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、北朝鮮の拉致被害者向け短波ラジオ「ふるさとの風」の周波数を現在の「同時に2波」から来年度から3波に増やす考えを示した。北朝鮮による妨害を受けにくくする狙い。2007年に始まり、毎晩3回約30分間ずつ、拉致被害者の家族からのメッセージや拉致当時の流行歌などを放送している。また、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を想定し、全国瞬時警報システム「Jアラート」を利用した住民避難訓練を検討していることも明かした。菅氏は「今後調整を進め、できるだけ早く訓練を実施したい」と述べた。

こんなニュースも