[PR]

 平岡さんの遺族は合同捜査本部を通してコメントを出した。全文は次の通り。

     ◇

 不安で押し潰されそうな日々が続いた7年が過ぎ、今、犯人が見つかったという安堵(あんど)感はありますが、私たち家族には言葉では表現できない怒り、悲しみ、憎しみ、苦しみをぶつける先がありません。

 何故、このような事件が後を絶たないのでしょうか。何故、犯罪を繰り返す人間が存在するのでしょうか。都の全ての夢を奪った犯人を許せません。

 これからも、都を忘れずに寄り添ってくれた人々の心の中で、都は生き続けてくれると思います。

 私たち家族もこの7年間、温かく支えて下さった周囲の方々のお陰で生かされている事を感謝致しております。

 どうか、心情をお察し頂き、今後とも静かに見守って下さいますようお願い致します。