[PR]

 宮崎県川南町の養鶏場で鳥インフルエンザの疑いがある鶏が見つかった問題で、県は20日未明、遺伝子検査で高病原性ウイルス(H5亜型)が確認されたと発表した。自衛隊に出動を求め、養鶏場の鶏約12万2千羽の殺処分を始めた。国内の養鶏場などでの確認は今季6例目で、九州・山口では初めてとなる。

 県によると、19日午後、死ぬ鶏が増えていると農場から通報があった。同日だけで約100羽が死に、そのうち5羽と、生きている2羽の遺伝子検査を実施したところ、死んだ2羽からウイルスが確認された。

 殺処分の対象は、この養鶏場から19日に同県日向市の食鳥処理場へ搬入された約1900羽を含むブロイラー約12万2千羽。食鳥処理場では、他に生きた鶏はいなかったという。県は家畜伝染病予防法に基づき、自衛隊を含め380人態勢で20日午前3時に殺処分を開始し、午前9時現在、3万8080羽を処分した。

 また、養鶏場から半径3キロと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら