[PR]

 ベルリン中心部で19日午後8時(日本時間20日午前4時)ごろ、大型トラックが買い物客らでにぎわうクリスマス市に突っ込み、少なくとも12人が死亡、48人が重軽傷を負った。警察当局は現場近くで、事件後に逃走した運転手とみられる男を逮捕した。男が難民申請者との情報もあり、無差別テロだとすれば、治安面での懸念を抱えながら難民受け入れを続けるメルケル政権には大きな打撃だ。

 事件後に会見した警察当局によると、トラックは道路から、教会そばの敷地で開催中だったクリスマス市に高速で突っ込んだ。人混みの中を約50メートル走り抜け、再び通りに出て停止した。運転席と助手席に2人の男が乗っており、助手席の男は車内で死亡しているのが見つかった。これまでに犯行声明は出ていない。

 DPA通信は、捜査関係者の話として、運転席の男がパキスタンかアフガニスタンから今年2月に入国した難民申請者の可能性があると伝えた。助手席の男はポーランド人で衝突時に死亡したとみられるという。

 トラックもポーランドナンバーで、同国の運送会社の所有だった。地元テレビ局に答えた同社社長によると、親族が鉄鋼製品を積んでベルリンまで運んでいたが、19日午後4時ごろを最後に連絡が取れなくなった。独メディアはトラックが盗まれたか、この親族が事件に巻き込まれた可能性などを指摘している。

 欧州では、7月に南仏ニースで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら