[PR]

 B型肝炎のため、29歳のときに当時暮らしていた兵庫県の明石市立市民病院で2度目のインターフェロン治療を受けた女性(45)は、体がだるくて自宅で寝ている状態が続いた。ウイルスの増殖を抑える薬を飲むなどし、次第に体力が戻ってきた。

 32歳になって、図書館司書の資格を取ろうと大学の講義を受けた。父が起業した会社で経理や給与計算などの手伝いを始め、働くことに自信がついてきた。約2年後、証券会社で派遣社員としてフルタイムで働くようになった。

 投資信託の勉強会に出て、東京にある投資信託運用会社の経営者の話に共感した。その会社で働いてみたくなった。

 「お金の使い方は、人生観を反…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら