[PR]

 モデルの押切もえさんら女性4人のスマートフォンに不正アクセスしたなどとして、東京地検は21日、日本経済新聞社デジタル編成局所属の社員、寺井淳容疑者(29)=東京都多摩市=を不正アクセス禁止法違反と私電磁的記録不正作出・同供用の罪で起訴し、発表した。地検は「日経社員という立場を悪用したということはない」としている。

 発表によると、寺井容疑者は2014年12月、押切さんのメールの設定を変えたり、メールを勝手に見たりしたとされる。また、15年10月~16年4月、12回にわたり、元NMB48の渡辺美優紀さんら女性3人が利用するデータ共有サービス「iCloud」(アイクラウド)を不正にのぞき見したとされる。

 日経新聞社広報室は「社員が起訴されたことを受け、厳正な処分を検討している」とするコメントを発表した。