[PR]

 ベルリン中心部で19日、クリスマス市(いち)に大型トラックが突っ込み、多数が死傷した事件で、ドイツ連邦検察庁は21日、チュニジア人男性(24)が事件に関与していた疑いを強め、公開捜査を始めた。地元メディアによると、この男性の身分証明書がトラックの運転席付近で見つかった。

 連邦検察庁によると、この男性はアニス・アムリ容疑者。ウェブ・サイトに写真や容姿を公開した。逮捕につながった情報の提供者には最高10万ユーロ(約1200万円)の報奨金を与えるとした。

 シュピーゲル誌(電子版)などによると、アムリ容疑者は以前から、IS(イスラム国)とのつながりが指摘され、要注意人物としてマークされていた。事件後、大型トラックの運転席付近から同容疑者の身分証明書が見つかった。

 連邦検察庁の発表に先立ち、同容疑者が一時滞在していた西部ノルトライン・ヴェストファーレン州のイェガー内相が会見し、同州捜査当局が、国家に対する重大な危険行為を企てていた疑いで、同容疑者に対する捜査を始めていたことを明らかにした。テロ監視当局と先月、情報を交換したばかりだったという。

 同内相によると、男性は2015年7月にドイツに入国。複数の名前を使い、同州やベルリンなどに住んでいたが、今年6月に難民申請を却下された。しかし、チュニジア出身であることを証明する身分証明書がないため、強制送還の手続きをとれなかったという。(ベルリン=高野弦)