[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は22日、大阪・東和薬品RACTABドームで開幕する。同日午前に公式練習が始まり、出場選手が氷の感触を確かめた。

 男子は、初優勝を狙う宇野昌磨(中京大)が曲をかけた状態でフリーを練習した。冒頭の4回転フリップは着氷で乱れたが、その後は修正。練習の後半には3回転の連続ジャンプを成功させるなど、順調な仕上がりを見せた。また、4回転サルコーや4回転ループにも挑戦していた。インフルエンザで欠場する羽生結弦(ANA)については「同じ立場だったら悔しいと思う。これまで一生懸命やってきた練習を出すだけ」と静かに闘志を燃やした。

 NHK杯3位で初の世界選手権代表入りを目指す田中刑事(倉敷芸術科学大)は練習の終盤に4回転ジャンプを成功させた。「NHK杯はNHK杯と切り替えて、今回挑んできた。全日本に結弦がいないのは想像できないし、残念。彼がいない分、お客さんを魅了する演技をしたい」と意気込む。2大会ぶり4回目の世界選手権出場を狙う無良崇人(洋菓子のヒロタ)は4回転トーループを何度も成功させていた。「トーループは不安定が続いていたけど、やっと戻ってきた。しっかり気持ちをめげずにやりたい」