[PR]

 自動運転など自動車の先進技術を巡り、業界を超えた共同研究や提携が相次いでいる。ホンダは22日、米グーグルと完全自動運転の共同研究を始めると発表。開発競争の主戦場が人工知能(AI)などに移るなか、「自前主義」には限界があると判断した。

 ホンダは、グーグルの持ち株会社傘下で自動運転開発を担うウェイモに、AIやセンサーを積む車両を提供。米国で実走試験を重ね、人の手が不要な完全自動運転の研究に必要な走行データを集めて共有する。

 自動運転や、インターネットでつながる「コネクテッドカー」には、巨額の研究開発費がかかる。走行データを集めるうえでは販売台数の規模も重要だ。トヨタ自動車とスズキ、日産自動車と三菱自動車など、今年相次いだ提携でも、背景の一つになった。

 グーグルは車をつくるのではな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら