[PR]

 京都市が市内への移住支援に本格的に取り組み始めた。市内には大学が多いため若者は多いが、就職と同時に首都圏などに出て行く人が多いからだ。市は「いつかは京都に帰りたいと考える人も多い」として、相談体制を強化している。

 昨年12月3日。下京区のレンタルスペースでは、京都市に移ってきた人たちと、これから京都市に移住を考えている人たちとの交流会が開かれていた。京都に移住して商売を営む人たちが、実際に扱う商品を販売しながら経験を語った。

 下京区にある青果店の4代目、近藤貴馬さん(32)は一昨年5月、東京からUターンした。大手ゲーム会社に勤めたが、業績不振に直面。父が体調を崩した時に休暇を取って家業を一時的に手伝ったこともあり、京都に戻る考えに傾いた。

 自営業の厳しさを知る父は反対…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら