《解説》 8月のお気持ち表明後、天皇陛下が初めて考えを示す場として注目を集めた今回の会見。政府の有識者会議の検討が進み、現天皇のみの退位を認める特例法整備に流れが向くなか、政府関係者らには「陛下が何か考えを示すのでは」と身構える動きもあった。だが陛下は、多くの人々が耳を傾けてくれたことへの感謝を述べるにとどめた。

 関係者によると、陛下は政府の検討状況を注視している。退位を認めないなど大きく思いと違う方向で議論が進めば、踏み込んだ発言をする可能性はあったかもしれないが、元宮内庁幹部は「孤独とも言える胸中が広く伝わり、安堵(あんど)された面もあるのでは」と話す。

 陛下は会見で、8月のお気持ち表明は「内閣とも相談」したと述べた。退位意向をにじませた内容が憲法違反ではとの専門家らの意見があるなか、憲法に抵触しないよう入念に準備したことがうかがえる。

 だが、決して陛下の懸念が消え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら