写真・図版

[PR]

 厚生労働省は22日、国内で2016年に生まれた日本人の子どもは98万1千人の見込みと発表した。統計を取り始めた1899年以降、出生数は初めて100万人を下回りそうだ。出生数が死亡数より下回る人口の自然減は10年連続。人口減に歯止めがかからない。

 人口動態統計の年間推計で明らかになった。出生数は前年の100万5677人から2万5千人減少し、死亡数は前年より6千人多い戦後最多の129万6千人。自然減が戦後初めて30万人を超える。

 出生数が最も多かったのは49年の269万7千人。第2次ベビーブームだった73年の209万2千人をピークに、減少傾向が続いている。

 出生数の減少は、親になりうる世代が減っていることが最大の要因だ。1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数を指す合計特殊出生率は近年、上昇傾向にあるが、15~49歳の女性は10年から15年にかけて毎年20万人以上のペースで減り続けている。

 晩婚化や晩産化の影響もある。平均初婚年齢は上がり続け、1995年で夫が28・5歳、妻が26・3歳だったが、15年では夫が31・1歳、妻が29・4歳。第1子を出産した時の母親の平均年齢は11年以降、30歳を上回っている。第1子の出産が遅いと、子どもの数は少ない傾向がある。

 婚姻は戦後最少の62万1千組…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら