【動画】皇居で天皇誕生日祝う一般参賀=北村玲奈撮影

 天皇陛下の83歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居であった。心配された雨もあがり、陛下は皇后さまと皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまとともに宮殿のベランダに立ち、参賀者に手を振って応えた。

 宮内庁によると、午前11時半現在で約3万3千人の人たちが訪れ、即位20年を迎えた2009年の3万560人(記帳を含む)を超え、平成に入って最多となった。

 両陛下や皇族方は3回ベランダに立った。天皇陛下は「誕生日にあたり寄せられた祝意に対し、深く感謝いたします。ニュースで伝えられたように、昨日は新潟で強風のなか、大きな火災がありました。多くの人が寒さのなか避難を余儀なくされており、健康に障りのないことを願っています。冬至が過ぎ、今年もあとわずかとなりましたが、来年が明るく、また穏やかな年となることを念じ、みなさんの健康と幸せを祈ります」と述べた。

 今月に入って陛下は風邪の症状を訴え、皇后さまは急性気管支炎の治療を受けるなど体調が心配されたが、この日は元気な姿を見せた。

 天皇陛下が8月に退位の意向をにじませるお気持ちを表明したこともあり、陛下を一目見ようと朝から多くの人たちが行列を作った。地方からのツアー参加者や外国人の姿も目立った。(島康彦、多田晃子)

     ◇

 天皇陛下は23日、83歳の誕生日を迎え、皇居・一般参賀でおことばを述べた。内容は次の通り。

 誕生日にあたり寄せられた祝意に対し、深く感謝いたします。ニュースで伝えられたように、昨日は新潟で強風のなか、大きな火災がありました。多くの人が寒さのなか避難を余儀なくされており、健康に障りのないことを願っています。冬至が過ぎ、今年もあとわずかとなりましたが、来年が明るく、また穏やかな年となることを念じ、みなさんの健康と幸せを祈ります。